スタッフ登録数業界最大級!派遣先選ばず!韓国国内在住者も多数!
韓国人   
韓国語 通訳が可能な日本人   
厚生労働大臣許可 派遣業務:般26-300019 有料職業紹介業務:26-ユ-300016
韓国語通訳サイト - よくある質問(派遣・通訳)
韓国語通訳.comでは、翻訳、通訳に関するお客様の悩みを完全バックアップいたします。
お見積りは無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。
フリーダイヤル お問合せ
Q2. 通訳の種類はどのようなものがありますか?
A通訳には大きく分けて下記のような種類がございます。
逐次通訳 話者が文節ごとに間を置き通訳をいれる、最も一般的手法です。
ただし、通訳が入る分、倍の時間を要します。
同時通訳 大型の会議やシンポジウムなどで使われる、高度な通訳方法です。
特徴:ブース内でマイクを使い通訳をします。
また、通訳時間により2名または3名体制となります。事前に原稿が必要です。
ウィスパリング通訳 1名または2名程度の対象者に対し、耳元で半同時的に通訳を行います。
放送通訳 テレビなどの生放送に対し、同時に通訳を行います。
特徴:ブース内でマイクを使い通訳をします。 ニュースなどの場合は事前に原稿が必要です。
それ以外の場合は、事前に少なくともスクリプトやアジェンダを用意していただく必要がございます。